仮想通貨で価格が暴落した時に知っておいた方が良いこと

NO IMAGE

「仮想通貨投資をやっているけれど、価格が暴落してきて辛い」と感じている方もいると思います。
今回は、そんな方に向けて、仮想通貨の価格が暴落した時のメンタルの保ち方を解説していきます。

まず、一つの事を理解する必要があります。
それは、「仮想通貨の値動きは激しい」という事です。
そうなれば、もちろん、価格が暴落する可能性もあります。そして、価格が急騰する可能性もあるのです。
そのため、仮想通貨取引において、価格が暴落するのは必然的です。
皆さんだけではなく、多くの投資家もそのような暴落を経験しています。
そのため、価格が暴落する毎に気にする必要はありません。

また、「利益を確定するまでは損が確定するわけではない」という事を覚えておきましょう。
仮に、仮想通貨の価格が今現在下がっていたとしても、それで売却しなかったとしたら、それはまだ確定しているわけではないのです。
売却した時点で、損が確定します。
そのため、もしその暴落した状態から復帰をして、価格が急騰したとしたら、それはもはや損ではなくなるという事です。

特に、仮想通貨を長期保有で運用している方の場合は、仮想通貨は長期的に見ればほぼ間違いなく価値が上がるものです。
最近も、BTCは価格が急騰しましたよね。
そのため、仮に暴落しても焦る必要はありません。

とはいえ、確かに、価格が暴落した段階で売っていれば、それ以上の損失を抑える事が出来る可能性があるのも、また事実です。
そのため、仮想通貨で価格が暴落した際にうるかどうかは、「暴落した額」よりも、「これから上がる可能性はあるかどうか」という点で判断する事をおすすめします。
どんな暴落であったとしても、今後それ以上の伸びを見せるのであれば、全く問題ありませんよね。
ですが、それ以降どんどん下がっていくのであれば、その時点で売っていったほうが良いです。

仮に、損が確定してしまったとして、「もう仮想通貨には手を出さないようにしよう」と決める方もいると思います。
その判断は皆さん自身でするものなので良いですが、失敗は成功の糧になります。
今回、なぜ失敗したのかを理解して、次に活かせば、大きな成果を出しやすくなるのです。これは、仮想通貨に限らず、あらゆる物事に共通して言えることです。

売却するまでは、損が確定したわけではありません。皆さんも根気強くやってみてくださいね。