ネット副業を行う際に注意すべき事とは

NO IMAGE

最近ではネットを活用する事で、以前よりも手軽に副業を行う事が可能です。そのため会社勤めをしている人の中でも、ネット副業という形で副業を始める人が少なくありません。ただしネット副業は手軽に始められるからこそ、注意すべき点もあります。

ネット副業を始める際にはまず、就業規則をきちんと忘れずにチェックする事が大事です。公務員は副業が禁止されているというのは知られた話ですが、サラリーマンでも勤めている会社によっては副業が禁止されている事があります。
特に情報漏洩のリスクがある会社に勤務していると、ネットビジネスであっても副業が禁止されているケースは十分に有り得る事です。

副業がバレてしまうと、本業を辞めざるを得ない状況にまで追い込まれる危険性があるので、必ずネット副業を開始する前に就業規則をチェックする必要があります。
そして副業が禁止の場合は、手出ししない様にすべきです。

確かにネット副業であれば、空いた時間を有効活用して会社にバレない様に仕事する事が出来ます。ですが副業の収入がある程度多くなり、確定申告を行う様になるとそこでバレてしまう可能性が高いです。なので副業禁止の会社に勤めている人は、ネット副業でも手出しするのはリスクが高いのでおすすめ出来ません。

ネット副業を行う際の注意点としては、必要な手続きを自力で行わなければならない点を理解する事です。本業の場合、基本的に会社側が収入に関する手続きを行ってくれるので、特に問題はなかったりします。ですがネット副業で収入を得た場合には、自力で手続きを行う必要が生じるので忘れずに実行すべきです。

特に重要なのが、確定申告を行う事だったりします。
本業の場合は基本的に会社側がそういった申告を行ってくれるので、特に気にする必要はないです。ですがネット副業で得た収入に関しては会社側はノータッチなので、自分できちんと申告を行う責任があります。

ただしネット副業で収入を得たからといって、必ず確定申告が必要になる訳ではない点も留意すべきです。
会社勤めをしている人の場合、年間の収入が20万円を超えていない場合には、申告する必要はありません。更に20万円を超えている場合でも、必ず申告が必要な訳ではないです。収入から必要経費を差し引いた金額が、20万円を超えている場合に確定申告を行う義務が生じます。

具体的な必要経費ですが、ネットビジネスの場合にはインターネット回線の使用料やプロバイダの接続料も含める事が可能です。他にもネットビジネスの勉強に必要だった書籍や雑誌といった代金、商品の仕入れ値等も計上する事が出来ます。