仮想通貨の可能性について

NO IMAGE

これまでは様々な交流を図るにあたって、現金が当たり前の世界でした。もちろんのことながら国や政府が保証し、その法定通貨としての役割を持っている以上当たり前のことです。

現金からクレジットカードにかわり電子マネーやQRコード支払いなど様々な考え方が広まってきています。しかしながらあくまでも現金に代わるものとして、最終的には現金で処理するということが当たり前のことだと認識されています。もちろんインターネット上でやりとりされるとしても最終的には現金ベースと言うことが大前提です。

ここで大きく異なってくるのが仮想通貨だと言えるでしょう。
仮想通貨については、インターネット上で個人や法人がやりとりをすると言う事は大きな変わりありませんが、場合によっては現金に代わるものとしてではなくそのまま仮想通貨として対価交換を行うことによって個人同士がやりとりを続けることになるのです。

もちろん最終的には現金に変換して利用しようと言う方々も多いかもしれませんが、仮想通貨においてはそのまま仮想通貨のままで利用することも珍しいことではありません。

では、このような状況を産業界はどのように捉えていると考えられているでしょうか。もちろん、最初は仮想通貨に対する信頼がどれだけ高いかが大きな問題でした。

どうしても取引所がどんどん閉鎖されていたり様々な仮想通貨の企画が立ち上がることによってどれが信頼が高いのかと言うことがわからないまま世界が動いていくことになるので取引が難しい事は言うまでもありません。

しかしながら、これだけ仮想通貨の技術も確立し、淘汰も進んだことによってどのような仮想通貨が信頼性が高いのかもはっきりとわかるようになりました。
それだけに様々な業界で仮想通貨が現金の代わりに利用されるようになっているのです。

これからの金融業界においても様々な場面で仮想通貨が利用される事は言うまでもありません。
場合によっては仮想通貨のインターネット上の交流に当たって安全を図るための技術が様々な業界でも利用されるようになっています。

これだけインターネット上で様々な交流が盛んになってくるとなれば仮想通貨で確立されてきた技術と言うのはそれだけ重要になってくると言っても過言ではありません。

それだけに仮想通貨を様々な業界でうまく取り入れ、仮想通貨そのものではなくその技術を利用することによって業界としても優位な地位を得ることができると考えられているのです。