SNSが得意な人に最適な副業

NO IMAGE

日頃からSNSを活用しており、使い方も熟知しているという人に最適な副業が、SNS運用代行です。

宣伝やマーケティングに、SNSを活用したいという人や企業が増えてきています。
大きな企業の場合は専用の担当者がいるということも少なくありませんが、SNSの影響力を理解していても、なかなか専属のスタッフを用意することが難しいと悩む人や企業は少なくありません。そんな悩みを解消する仕事が、SNS運用代行です。

SNS運用代行の仕事は、企業が指定をした通りに投稿をしたり、リプライを返したりするだけととても簡単なものです。
ターゲットとなる人の年齢層や投稿する内容、そして1日に投稿する回数などは依頼者側が指定をする形となります。

投稿頻度は依頼者によって異なりますが、1日3回から5回程度であれば本業が忙しい人でも空き時間を活用して、仕事をこなしていくことができるでしょう。投稿が苦にならないという人であれば、僅かな時間で1日の仕事を終えることができます。

SNS運用代行は、通勤時間や本業の休憩時間など様々な隙間時間を活用して働ける仕事です。
そのため、副業を始めたからといって、本業に支障をきたしたり、プライベートな時間を圧迫したりする心配もありません。

ただ、注意をしておかなければいけないのが、期間です。
スマホでの副業は、依頼をこなした数に対して報酬が発生する歩合制の仕事が多くなっています。それに対し、SNS代行は1ヶ月など一定期間継続して仕事をこなした後に報酬が発生する形が一般的です。

そのため、1日だけ働きたい、週に2~3日だけ働きたいなどの希望を持つ人には向かない仕事と言えるでしょう。

1ヶ月など一定期間毎日投稿を続けるのは大変と考える人もいますが、SNSの中には予約投稿に対応したものもあります。
本業の昼休みなど、時間がある時に投稿したい内容を考え、文章をストックし予約投稿の準備をしておくなどの働き方もできるようになっています。

タイムリーなネタにこだわらなくても良い場合は、翌日以降の投稿も予約投稿という形にすることもできます。1ヶ月以上継続して働くと聞くと大変と感じる人もいますが、コツさえ掴んでおけば、無理なく仕事をこなしていけることが殆どです。

SNS運営代行は、スマホ一つでできる副業の中でも稼ぎやすい仕事の一つとなっています。そのため、SNS運営代行の募集を見かけたら迷わず応募をしておくと良いでしょう。